寝違え(寝違い)からの首痛

寝違え(寝違い)・春日部市の整体 頭痛 首痛 専門 すみとの整体院

首の痛みの原因の中でも、もっともなりやすく厄介なのが寝違え(寝違い)による首の痛みかもしれません。

寝違え(寝違い)は、寝ている時の腕の位置が大きな原因です。

なぜ腕の位置が寝違え(寝違い)の原因かというと、腕の位置が悪いと脇の内側の腋窩神経(えきかしんけい)を圧迫してしまうからなのです。

腋窩神経は首を支える筋肉につながっているので、この部分が圧迫されてしまうと首の寝違えに発展してしまいます。

通常であれば寝ている間に自然と寝返りをうつので寝違える事はあまりないのですが、うまく寝返りがうてないと寝違いを誘発してしまいます。

実は臓器の疲れ(血行不良)が関わっていた。

東洋医学では

  • その人の寝相は、病気のあるところを示す

と言われています。

どういう意味かというと、弱っている臓腑をかばう姿勢を無意識のうちにとってしまうという事です。

example - 例


経験ある方が大半だと思いますが、お腹を下してしまった時など自然と前かがみになり腸をかばう様な姿勢になりますよね?これは腸の動きを阻害しないよう、少しでも姿勢要因での引っ張りを無くそうとする人間の自浄作用の一部です。


このような自浄作用を兼ね備えている為、寝ている時も胃が弱っている人などは無意識に胃をかばって左を下にして背中を丸める寝相になります。

上記の例えを寝違いに置き換えると、「胃」をかばっている為、常に左を下にして寝てしまいます。

そうすると「胃」には優しい寝相になりますが、左の腋窩神経を圧迫させていることになり、結果、寝違いへと発展してしまいます。

これは「胃」に限らず・肝臓・肺・小腸・大腸・など他の臓器にも当てはまります。

すみとの整体の寝違え(寝違い)対策

上の項目からもわかる通り、すみとの整体院では・腋窩神経・過緊張の筋肉・への施術は勿論、疲れた臓器要因も考慮して「寝違い」への施術をさせて戴いております。

 セルフで脇のマッサージはNG

寝違い・春日部市の整体 頭痛 首痛 専門 すみとの整体院

最近、特にインターネットで多くみられますが

「セルフマッサージで寝違え(寝違い)対策」

などと脇の下(腋窩)が効果的と紹介されていますが、すみとの整体院ではお勧めいたしません。

確かに効果的ではある部分なのですが、脇の下には・腋窩リンパ・腋窩神経・橈骨神経・正中神経・尺骨神経・筋皮神経・など様々な神経やリンパが入り組んでいる大切な部分なのです。

その大切な部分を施術未経験者が触るのは症状悪化やその他の症状を発生させてしまう可能性が高い為、リスクが高いです。