後縦靭帯骨化症からの首痛

後縦靭帯骨化症(OPLL)・春日部市の整体 頭痛 首痛 専門 すみとの整体院

後縦靭帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)と呼ばれるものがあります。

首には第1(C1)から第7(C7)までの椎骨が存在し、それらをまとめて頚椎と言います。椎骨と椎骨をつなぐ役割をする靭帯は3つあり、それぞれ前縦靭帯(ぜんじゅうじんたい)・後縦靭帯(こうじゅうじんたい)・黄色靭帯(おうしょくじんたい)と呼びます。後縦靭帯骨化症とは、その靭帯の一つである後縦靭帯にカルシウムが溜まり、通常は弾力のある靭帯が骨のように硬くなってしまう病気です。

勿論、後縦靭帯骨化症だけでなく、黄色靭帯骨化症・前縦靭帯骨化症もあり総称として脊柱靭帯骨化症(せきちゅうじんたいこっかしょう)と呼ばれており、背中や腰に発症する胸椎後縦靭帯骨化症・腰椎後縦靭帯骨化症もあり、原因不明の特定疾患(難病)に指定されています。

後縦靭帯の後面には脊髄が、側面には神経根があるので、後縦靭帯骨化症になり後縦靭帯が肥大して骨化すると、脊髄や神経根を圧迫してしまうのです。

その結果、首や肩の痛み、手足の痺れや麻痺などの症状に悩まされる事になります。症状が出ているにも関わらずそのまま放置してしまうと、最悪、歩けなくなったり寝たきりになってしまう事もあります。

首を前後に倒してみてください。その際、首が痛むようでしたら後縦靭帯骨化症の可能性が考えられます。