3・排泄反応(はいせつはんのう)

主な症状

・発熱 ・吹き出物 ・発疹皮膚の変化 ・目やに ・尿便の色の変化など

身体で起きている事

身体の老廃物や悪いものが体外に排泄される時期です。

体内の老廃物・毒素・疲労素を分解・排泄する時に現れる反応です。

過ごし方

基本的には自然の働きに任せてください。

次のような変動があった場合は以下の処置を行なっておきますと経過が早くなります。

  • 喉や泌尿器系に反応 ➔ 足湯を行ないます。
    • 足湯はちょっと熱めの温度で、両足のくるぶしがかくれるくらいの高さまで入れます。
  • 消化器系に反応 ➔ 脚湯を行ないます。
    • 脚湯はちょっと熱めの温度で、膝の上まで両足をお湯に入れます。
  • 高い熱 ➔ 後頭部に蒸しタオルを当てます。
    • 高熱が出ましたら後頭部に温湿布(蒸しタオル)を当て、わざと熱を上げさせるのです。熱は上がるところまで上がりますと今度は一気に下がり翌日にはスッキリとします。後頭部の蒸しタオルが、発汗を誘導、発汗によって身体の内側の熱を発散させ熱を下げやすくします。
  • 体力のない3歳未満の幼児や60歳以上のご年配の方は行わないでください。