Top / ボキッボキッという音は何の音?

Qボキッボキッという音は何の音?


A・気泡がつぶれる音です。



関節は、関節包というものに包まれていて、内部が一定の圧力を保っています。
矯正時に関節が牽引されると関節内部は陰圧になり、そこに炭酸ガスの気泡が生じます。


ポキっと言う音は、その気泡がつぶれる音です。
決して骨と骨が擦れ合って出ている音ではありません。


ただし、肩などを回すといつもボキボキと音が出ることがありますが、これについては、筋肉周囲の腱が動いてはじいている音だと言われています。


因みに、正式名称を【クリック音】と言います。


よく患者さまに言われるのですが


『骨折れてない?』  『骨の位置戻った?』


上記で説明したとおり、骨と音は全く関係ありません。


ただ、気泡がつぶれ、圧力が変わり筋肉のバランスも整うので、結果的に骨格の位置に影響はいくので、表現として私も『骨が戻ったね!』と言う場合も多々ありますが・・・。


一つ注意して頂きたいのが、カイロプラクティックを受けて鳴るのは良いのですが、自分で鳴らし続けると、その部分の関節は動きすぎの状態となってしまいかえって良くありません。


カイロプラクティックでは、むやみに関節を鳴らしているわけではありません。
方向・スピード・力・全てをコントロールする必要があるのです。


必要な関節に必要な方向と力で行うのが、カイロプラクティックによる矯正テクニックです。


ですから、ご自身で関節を鳴らす癖のある方は鳴らさないようにして下さいね!


関節を自分で鳴らす癖は一種の中毒症状です。タバコと同じで、鳴らせばならすほど癖になってしまいます。