Top / 弛緩反応

1・弛緩反応(しかんはんのう)

弛緩反応

主な症状

・だるい ・眠い ・倦怠感 など

身体で起きている事

今まで不健康状態でいた臓器が本来の機能を回復しはじめると、他の臓器も不健康状態に合わせて活動していたので、一時的に各臓器同士のアンバランス状態が起きます。

過ごし方

この時期はともかく身体の要求に沿って弛めることが大切です。

眠ければ身体を休めて睡眠をとり、だるくなったら無理して身体を動かさずに横になってください。食べたくなければ無理して食べなくても大丈夫です。


好転反応(瞑眩反応)の関連ページ

好転反応(瞑眩反応)


種類・段階