Top / デスクワーク

デスクワークからの首痛

デスクワーク・春日部市の整体 頭痛 首痛 専門 すみとの整体院

特にパソコンを使用する機会が多い方は注意が必要です。

パソコンやスマートフォンを使用する際、画面に顔を近づけた状態になっていませんか?画面に顔を近づける際、どうしてもアゴが前に出ます。

この姿勢を長時間続けることが首の痛みの原因になるのです。

人の首には第一(C1)から第七(C7)の椎骨があり頚椎を構成しています。

椎骨一つ一つはとても小さな骨で、この小さな骨が体重の10%以上もある頭を支えています。



また、首は食道や気管などの重要な器官が通っており、その分筋肉が少ない部位になります。つまり、首は意外と脆いという事です。

人の背骨は、横から見ると緩やかなS字カーブを描いていますが、頚椎も同様にカーブを描いています。

何故S字カーブを描いているのかというと、その形状が人間の体、頭を支える上での理想型だからです。理想型のS字カーブは、背筋をしっかりと伸ばし、アゴを引いた状態の時です。

つまり、この状態が一番首を痛めない状態と言えます。

この状態が崩れた時が、首の痛みの原因になるのです。

特に上を向いたまま長時間過ごすと、カーブが崩れ、ただでさえ少ない首の筋肉に大きな負担がかかります。

この「上を向いた状態」と同じ状況を作り出すのが、パソコンでのデスクワークです。

パソコンの画面に顔を近づけると、どうしても画面に向かってアゴが出ます。この状態が、上を向いているのと同じ状況となり、首を痛める原因になります。

最悪、頸椎椎間板ヘルニアなどに発展してしまいます。

パソコンで作業をする際は、意識してしっかりと背筋を伸ばしましょう。

無意識に首を前に出してしまっているという方には、自然に正しい姿勢がとれる椅子などで軽減させたり、モニターの位置を工夫したりするのも対策になります。

また、坐骨神経痛など腰回りの症状も出てしまいますので、正しい姿勢でのデスクワークを心がけましょう。